FC2ブログ

哀しきサラリーマン、逆境に活路を追い求めて

長年転勤が叶わず、自分を最も活かせる仕事になかなかたどりつけないでいる方はいらっしゃいませんか。今の職場でくすぶりつつも、近い将来自分が飛躍できる時をじっと待ち続けている方とそのつらい気持ち、熱い思いを一緒に分かち合いたいと思います。

ハンセン病資料館

企業訪問が午前中で終わり午後自由時間ができたので、前から来ようと思っていた国立ハンセン病資料館を訪ねた。実は、土日の散歩コースになっているところにハンセン病の人たちの保養施設がある。彼等に対する関心はこの施設の中をぬって歩くうちに自然と身についたものだ。今回館内の展示を見て、らい予防法が廃止される以前、彼等がいかに人間としての扱いを受けなかったかが気の毒なほどわかった。どこの世界に一度隔離されるとその後二度と社会の土を踏むことができず家族との絆を断たれ、死後家族と同じ墓にさえ入れないということがあろうか。しかも、子孫繁栄を禁ずるために男性に断種を施していたというのだから、当時の国の施策がいかにひどかったかがわかる。
スポンサーサイト

テーマ:思ったこと・感じたこと - ジャンル:日記

関東地方企業訪問 | コメント:0 | トラックバック:0 |

勤続3年目

昨夜、首都圏でもついに新型インフルエンザが発生した。今朝の電車の中では昨日よりマスクをしている人が多かった。明らかに自衛しようとしていることがわかる。都内の薬局ではマスクがすぐに完売になったそうである。このマスクについては、感染者が他人にうつさないようにするにはある程度効果があるが、自衛にはあまり効き目がないとする識者の声もある。さて、今日訪問した企業では今年が3年目となる私の教え子と久しぶりに再会できた。若者の離職が早い昨今、こうして頑張っている姿を見ると嬉しいものである。彼女曰く、1年目はとても辛く、同期入社の同僚が次々と辞めていったそうだが、彼女自身は歯を食い縛って頑張ったとのことだ。今はだいぶ慣れ、仕事も順調とのこと。昨日に続き、若者の成長を目の当たりにした。

テーマ:伝えたいこと - ジャンル:日記

関東地方企業訪問 | コメント:0 | トラックバック:0 |

料理本を買って

東京ではマスクをかけている人は少ない。しかし、かけて自己防衛している人も散らほら見かけられる。今のところは個人の判断次第といったところだ。さて、今日から企業訪問が始まった。初日の今日は成田空港で貨物機の荷物を積み下ろししている生徒のところを訪ねたが、仕事にも慣れ元気そうであった。給料が安いとのことで、食事はほとんど自炊だそうだ。彼は高校生の頃は料理など自分で作ったことがなかったそうで、こちらに来てからは料理本を買って作り方を覚え、少しずつレパートリーを増やしていっているそうだ。自分でも就職してからはだいぶ成長したと話していた。若者の適応力には目を見張るものがある。

テーマ:みんなに知ってもらいたい - ジャンル:日記

関東地方企業訪問 | コメント:0 | トラックバック:0 |

30年ぶりのマスク

東京出張を明日に控え、今日万一に備えてマスクを買いに外へ出た。日本一人の往来の激しい東京で新型インフルエンザが発生するのは時間の問題だ。まずは割と大きな薬局へ行ってみたが、残っていたのはガーゼタイプの旧式のものばかり。次に入った薬局ではマスクは完売。あまりの市民の反応の早さに、ひょっとして一枚も購入できないのではという焦りが出てきた。ところで、薬局はだれもがマスクを求めて行きそうな所。ならばコンビニあたりはひょっとして穴場かもしれないと勝手に想像して行ってみたところ、予想的中。3枚セットで割としっかりしたものをゲットすることができた。その次に入ったコンビニにもまだ結構残っていたので、当地で発生した時のことを考えて少し多めに買い求めた。もし当地で新型ウイルスが確認されれば、間違いなく住民は神戸市民のようにマスクを買い求めて東奔西走することになるだろう。神戸の方々をお気の毒に思う。さて、私がマスクをかけるのは何と30年ぶりである。高校生の頃にかけたのが最後ではないかと思う。袋を破って中から1枚取り出してかけてみたが、少し息苦しい。これを一日中かけっぱなしとなると、想像しただけで息苦しくなる。かけないよりはかけたほうがいいだろうね。東京の人たちはどうしているのだろうか。

テーマ:思ったこと・感じたこと - ジャンル:日記

関東地方企業訪問 | コメント:0 | トラックバック:0 |

出張に向けてはやる心

今週の後半は久々の東京出張である。3学年担任らと手分けして、生徒が受験しそうな企業を挨拶回りする。2泊3日の日程で一人5社。ただし私だけは千葉や埼玉の企業も回るため4社になっている。夜はゆったりできるので、おいしいものでも食べて都会の夜を満喫したい。今回は半分旅行気分である。久々の新幹線乗車、高層ビルの光景、大都会の雑踏など、考えただけでわくわくする。本を「買う」のが好きな私には、地方にはない大型書店に足を踏み入れるのも楽しみの一つである。そして東京へ行くと決まって入るのがスタバ。毎回そこでコーヒー豆を3袋ほど買って帰る。当地にスタバがない哀しさ。東京にはJRや地下鉄の駅の周辺に必ずと言っていいほどあるのに。いつもながら感じる都会と地方との文化の差である。電車の本数の多さ、行き届いた駅の電光表示など、羨ましい限りだ。地方では決してお目にかかれない光景が駅の中でエスカレータに立つ人たち。全員がびっしり左側に寄って立ち、その脇を急ぐ人たちが駆け上がっていく。さて今回はどんな発見があることだろうか。

テーマ:伝えたいこと - ジャンル:日記

関東地方企業訪問 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |