FC2ブログ

哀しきサラリーマン、逆境に活路を追い求めて

長年転勤が叶わず、自分を最も活かせる仕事になかなかたどりつけないでいる方はいらっしゃいませんか。今の職場でくすぶりつつも、近い将来自分が飛躍できる時をじっと待ち続けている方とそのつらい気持ち、熱い思いを一緒に分かち合いたいと思います。

女性の喫煙

先日、女房の運転免許の更新に近くの運転免許センターへ一緒に出かけた。彼女が更新の手続きをし講習を受けている間、待合室で待っていたが、すぐそばに隔離された喫煙場所がありそこで何人かがたばこを吸っていた。よく見ると、6人いる中で男性はたった1人、あとの5人は全員女性であった。年配の方には今から20年前を思い出していただきたい。当時も喫煙する女性はいたが、それはごく少数で今ほど目につかなかった。もしかしてかなりいたのかもしれないが、少なくとも「人前で堂々とたばこを吸う」輩はいなかった。ところが今はどうだろう。人目をはばからず、車を運転中も片手ハンドルでたばこを吸っている女性ドライバーをよく見かける。以前、女性の喫煙は「市民権」を得ていなかった。だから女性としても人前で堂々とたばこを吸うことをはばかった。それがいつしか突如女性の喫煙に市民権が与えられ、今や喫煙は「男女同権」になった。小生は女性の喫煙というのはどうも好かない。みっともないという感じがしてならないのだ。こう言うと男女差別に聞こえるだろうか。皆さんのご意見を伺いたい。女性の喫煙家に対しては特に。
スポンサーサイト

テーマ:気になること・もの - ジャンル:

うんざり | コメント:0 | トラックバック:0 |

記憶力減退

明日5日から多くの企業が来春卒業予定の高校生の採用受付を開始する。それに伴い、今日はこれまでに志望先が決まった32名の生徒の出願書類の発送準備を行った。すでに生徒の履歴書や教師が作成した調査書はできており、校長の決裁も済んであとは発送するだけとなっている。32名分の書類を丁寧に一つ一つ最終チェックした後袋詰めをし、さらに数が合っているかを確認した上で封をした。ところが糊で閉じた後、急に封筒の宛名と中の書類が同じ所のものか不安になり始めた。袋詰めした際に袋と中身をきちんと確認した記憶がないのだ。ひょっとして中身が間違って入っていたらどうしようかという不安が募った。しかしもう後の祭りである。原因は今週これまで蓄積した疲労が一気に出て集中力を欠いたことと、年のせいで記憶力が減退してきたからではないかと思っている。今となっては自分が行ったことを信じ、何も起こらないよう祈るしかない。

テーマ:心と身体 - ジャンル:心と身体

うんざり | コメント:0 | トラックバック:0 |

出願書類点検

9月16日の就職試験解禁に向けて、今出願書類の点検が大詰めを迎えている。今年は不況の影響で求人数が例年の半分ほどしか来ていない。これまではどちらかというと内定をもらうことがたやすかった県外企業も、今年は求人を抑えているため例年以上の競争が予想される。このため、3学年の教師たちは生徒が最初に受験する企業が不採用であった場合その後がないとの判断で、かなり早い段階から受験指導するとともに、早期の出願が有利(実際はどうかわからない)との考えから出願書類の作成も例年よりかなり早いペースで行ってきた。その結果、進路指導部には点検を待つ出願書類が山積みされ、進路指導部ではそれに一つ一つ、一枚一枚目を通していかなければならない。そしてその仕事をするのがこの小生一人ということになる。到底授業の間の空き時間や放課後だけでは足りず、授業そのものも一部自習にしたりして対応しなければならない。このところ帰宅時間が連日午後8時を回り、疲労が蓄積してきている。これも自分に与えられた任務と割り切って今日も遅くまで点検作業にあたった。

テーマ:教師のお仕事 - ジャンル:学校・教育

うんざり | コメント:0 | トラックバック:0 |

開店休業

生徒の一人が新型インフルエンザを発症したことで、今日の夏期講習は中止となった。ということで、今日は一日いつもになくゆったりと過ごすことができた。一応、今日の予定は立てておいたのだが、一日ほぼ自由に過ごせるということでどうも気合いが入らない。しかも、途中で他の教員から仕事上のことで相談を持ちかけられると仕事がそちらのほうにシフトしてしまい、やりかけの自分の仕事から手が離れてしまう。もちろんそのあと時間のほうはたっぷりあるので、これはあくまでも自分に都合のよい言い訳にしかならないのだが。とにかく家でも職場でもつい開放感に浸ると、とたんに気がゆるみ予定していたことがそっちのけになってしまうという悪い癖が小生にはいまだにある。気を引き締めなければ。

テーマ:つぶやき - ジャンル:日記

うんざり | コメント:0 | トラックバック:0 |

新型インフル、ついに本校でも

対岸の火事とばかり思っていた新型インフルエンザがついに本校でも発生した。3年男子生徒が発症したとの報告が今日の臨時職員会議であった。ひと頃、兵庫県や東京都で大流行した際には、マスコミがこぞって連日連夜このニュースを伝えていたものだが、今や全都道府県での発症が確認され、受診も特定外来ではなく地元の医療機関で簡単にできるようになってからはマスコミの関心も薄れ、我々は新型インフルエンザを季節性のものと同じように受け止めがちになってきているが、この両者の明らかな違いは何と言っても感染者の数と拡大の勢いにある。こうしていざ自分の頭に火の粉が降りかかってくると、急に現実味が増してくる。まずは、その生徒がこれまでに接触した他の生徒への感染、そして我々自身にもやがては感染の疑いが持たれる。この件で、明日の夏期講習は中止が決まった。感染者が増えると、来週から始まる2学期の授業への影響も懸念される。

テーマ:出来事 - ジャンル:学校・教育

うんざり | コメント:0 | トラックバック:0 |

特に何も書くことが

ブログを初めて3か月になる。4月20日に最初の記事を載せて細々とスタートしたこのブログも今や100号を越え、これからも気力の続く限り更新し続けようと考えている。このブログの唯一の自慢は「毎日更新」していることだろう。これまで一日も欠かさず更新してきた。最初の頃は書くことがたくさんあったが、最近ではその日に何を書くか頭を悩ますことが多くなってきた。これが毎日更新の辛いところだ。このところ書く量が多くなっているので、今日はこれくらいで失礼したい。

テーマ:つぶやき - ジャンル:日記

うんざり | コメント:0 | トラックバック:0 |

ブログの毎日更新辛い!

「どうせ誰も読んでいないだろうこのブログ!読んでいたら一行でもいいからコメントください!!」4月20日から一日も休まず、出張の時もケータイからせっせとブログを書き綴ってきた。これは当初予想だにしていなかったことで、我ながら大したものだと自分を褒めている。しかし、正直毎日更新というのは辛いものがある。ブログ開設当初は書くことがたくさんあり過ぎて、と言うよりもそれだけ「たまりにたまった辛い気持ちを吐き出したくて」毎日夢中になって書き綴ったものだが、最近は気持ちのほうも徐々に整理がつき、ネタを探すのに苦労するようになってきている。今日も実は別な内容で書き始めたのだが、半ば無理やり書こうとするものだから結局書いた内容に満足がいかず、思い切ってそれを削除してしまった。そしてこのような非常に投げやりな書き出しになってしまった。このブログを続けることに意欲が沸かなくなる前に、今回はこれで閉じることにする。

テーマ:もういやだ - ジャンル:心と身体

うんざり | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |