FC2ブログ

哀しきサラリーマン、逆境に活路を追い求めて

長年転勤が叶わず、自分を最も活かせる仕事になかなかたどりつけないでいる方はいらっしゃいませんか。今の職場でくすぶりつつも、近い将来自分が飛躍できる時をじっと待ち続けている方とそのつらい気持ち、熱い思いを一緒に分かち合いたいと思います。

マスゲーム

5月に行われたある中学校での体育祭の一コマ。毎年この中学校では伝統となったマスゲームを披露するが、小規模校ゆえ、全校生徒が紅白二つに分かれてそれぞれ行う。今年の白軍は体育祭でおなじみのポンポンよりは重い材質で作られたものを両手に持って登場した。音楽に合わせまずはお互い中央に固まり演技を行う。しばらくして、その集団は大きな円を描いて盆踊りのような隊形になった。ただし手足の動きは全く現代的。中学生らしいきびきびした速めの動きである。いよいよクライマックスに差し掛かり、最後に生徒が見せたのは防衛大学校の卒業式のようにそれを頭上高く放り上げる動作。一気にそれまでの高揚感が開放感に変わり、それが子どもたちの表情にも見てとれる。

dance.jpg 


スポンサーサイト

テーマ:学校行事 - ジャンル:学校・教育

中学生 | コメント:0 | トラックバック:0 |

中学1年生

9月にある中学校を訪れた際、放課後体育祭の準備で教室に居残りしていた中学1年生に出くわした。何もやることがなく、ただ教室の後方で友達同士ふざけあっていたのだが、カメラを向けると早速ポーズをとってくれた。このあたり1年生はまだ「協力的」である。この3人はいずれも中学1年生。しかし、制服を着ている左側の生徒と体育着を着て屈託のない右側の生徒とは明らかに印象が異なる。中学校という場所でなければ、見方によっては小学生にすら見える。昔は中学生といえば普段は制服姿で、体育着は体育の授業や部活動でしか着なかったが、今は放課後の掃除や部活動が終わって帰宅する時などにも着て帰る生徒がほとんどである。こうなると道で体育着姿の子どもに出会っても、小学生か中学生か一瞬判断がつかないこともある。

after_school.jpg


テーマ:中学生 - ジャンル:学校・教育

中学生 | コメント:1 | トラックバック:0 |

写生会

3回連続で再び中学生シリーズをお届けする。11月に入り徐々に寒さが増してきた。今となっては、あの夏の暑さが懐かしい。この日はまだ真夏ではなかったが、季節外れの暑い日であった。土曜日に近くの公園に出かけると、中学3年生が友達同士かたまって写生をしていた。話を聞くと写生会は1年生の時から行っているが、今年は初めて土曜日の写生会になったそうだ。平日の授業時間をできるだけ確保しようとする中学校の苦肉の策が伺える。彼らの姿を一見して気づいたのが坊主頭。理由を聞くと、皆野球部員とのことだった。高校では「野球部員=坊主頭」というイメージがあるが、中学校でも今はそうなかと認識を改めさせられた。さらに彼らの体育着は今では珍しいショートパンツ。この日はいつもになく暑く、男子生徒の一人は靴下まで脱いで自ら「暑さ対策」をとっていた。短髪に、ゆったりとしたショートパンツ。彼らの格好に爽快感を感じた。

shaseikai.jpg


テーマ:学校行事 - ジャンル:学校・教育

中学生 | コメント:0 | トラックバック:0 |

丸坊主の中学生

小生が中学生だった今から40年前は、中学校では丸坊主は当たり前のことであった。小学校を卒業して中学に進学する前に、男子は全員理髪店でそれまで子どもっぽく伸ばした髪にバリカンを入れられ丸坊主にされた。男子全員がそうするものの、やはりどこか恥ずかしい気持ちがあったことは否めない。しかし、それでも中学生になったんだという気持ちにさせるには十分な効果があった。今では中学あたりでこうした頭を見かけなくなったが、先日近くのアスレチックパークに出かけた際、偶然にも一人の丸坊主の男子中学生を見かけた。無邪気に遊ぶその姿はまたあどけないが、1年生とはいえちょっぴり上級生の感がした。

rope.jpg


テーマ:中学生 - ジャンル:学校・教育

中学生 | コメント:0 | トラックバック:0 |

保育実習

近所の保育園で中学3年生を対象にした保育実習を行っている。技術家庭科の授業の一環だそうで、我が家の向かいの男子生徒も実習に参加していた。たまたまその保育園の前を通ったら、砂場で保育園児と戯れる彼の姿があった。カメラを向けると最初少し恥ずかしがったが、すぐに一枚撮影に協力してくれた。小さい時から成長する姿を見ているが、こうして体育着姿を間近で見ると中学3年生でありながらかわいいもんだなという気がした。

kindergarten.jpg


テーマ:中学生 - ジャンル:学校・教育

中学生 | コメント:0 | トラックバック:0 |

青空の下の遠足

朝からすっきりと晴れ上がった今日、出張で出かけた先に近い公園で遠足をする中学1年生たちに出くわした。ちょうど昼食時間で、生徒たちはグループに分かれて昼食をとるとともに、食べ終わった子どもたちはお互いおしゃべりしたり、持参したゲームに興じたりしながら思い思いの時間を過ごしていた。その中の一つのグループでは一人の男子生徒が横になりながら日向ぼっこをしていた。するとそばにいた女生徒が突然叫んだ。「ちょっと、おちんちん見えてるよ。」はいている短パンがゆるいために、その隙間から「男の大切なもの」が見え隠れしたらしい。この子の言葉がさらに続く。「男子のってかわいいね。毛、まだはえていなの?」その言葉を聞いて男の子が顔を赤らめた。聞きたくないことを聞いてしまった。最近の女子中学生は本当におませである。

nap.jpg


テーマ:中学生 - ジャンル:学校・教育

中学生 | コメント:0 | トラックバック:0 |

「一日に何度も」

私を含め50代の方々にはたいへん懐かしい合唱曲がある。中学校での合唱練習は今も盛んに行われているが、今から40年ほど前に一曲の合唱曲が全国津々浦々の中学校で歌われた。それが高田 敏子作詞・岩河 三郎作曲の「一日に何度も」である。この曲名を聞いてピンとこない方でも

「おかあさん おかあさん 一日に何度も おかあさん おかあさん あなたの名を呼んで 月日が流れる」

というフレーズを聞くと、「ああ、あの曲か」と懐かしく思い出されるのではないかと思う。当時小生が通っていた中学校では音楽の先生が地元の合唱団の指揮者をされていたこともあって、合唱が盛んに行われていた。授業だけではもの足りず、活躍の場を公会堂などでの合唱祭にまで広げていった。そのために組織されたのが、俄かづくりの「合唱同好会」。各クラスから合唱が比較的上手な生徒をこの先生がピックアップして合唱隊を編成し、地元の中学校が集まる合同音楽会で披露した。この曲がその年の卒業式で来賓・保護者が見守る中で披露された時、感動は頂点に達した。曲の中で繰り返し歌われる「おかあさん」ということばが臨席した母親たちの心を打ったのだ。まさに卒業式に打ってつけの曲であった。

ホームページを探していたら25年前の中学生が校内合唱コンクールで歌ったと思われる音源を見つけたので、当時の懐かしい記憶を久しぶりに蘇らせたい方は下のURLをクリックしてお聞きいただきたい。

http://www.youtube.com/watch?v=Tckxn38ODRo


テーマ:学校行事! - ジャンル:学校・教育

中学生 | コメント:0 | トラックバック:0 |

体育祭の応援

今中学校で体育祭がたけなわである。小生の家の近くにあるこの中学校でも、今日体育祭が行われた。体育祭といえば、色別に分かれての応援合戦が定番である。この学校でも午後の最初の種目で登場した。この黄組の生徒たちは軍手に黄色の絵の具を塗り「黄色」を強調。男女混じっての演技であるが、女子のほうが元気があって動きも男子に比べるとよい。足を思い切り踏ん張って力強く演技する女生徒に目がいった。中学生のひた向きな姿は実に爽やかである。


テーマ:雑記 - ジャンル:日記

中学生 | コメント:0 | トラックバック:0 |

野外昼食

暑さもだいぶ和らいできたこの頃、ある中学校の裏手を通ると賑やかな声とカレーのいいにおいがした。何かなと思ってそちらのほうへ足を向けると、1年生がそのあたりにグループごとに敷物を敷いて座り、一緒に昼食を食べているところであった。メニューはカレーライスと付け合わせのサラダ。シンプルなメニューだが、外でみんなで食べるとなるとまた味も格別であろう。男の子が器にご飯が隠れるほどカレーを盛っていた。カレーが大好物とのことで、2杯目に挑戦である。


テーマ:雑記 - ジャンル:日記

中学生 | コメント:0 | トラックバック:0 |

マット運動

先日、ある中学校から講演の依頼がありその打ち合わせに出かけた際、せっかくだから生徒が生き生きと授業を受けているところを見ていってほしいと言われ体育館に通された。2年生の生徒がマットの上で倒立前転をやっていた。中学校時代、体育が大の苦手であった小生は昔の苦い経験を思い出しながら、彼らの練習風景を見ていた。さすが男子のほうは技能的に優れていてある程度フォームができあがっているが、女子は倒立すらできない生徒が多い。そんな中、教師が行うやり方を食い入るように見ながら、手元にあるやり方の説明が書かれたプリントで動きを一つ一つ確認している女生徒の姿が目に入った。女子にとっては難しいとされる倒立前転を是非ともできるようになりたいという意気込みが感じられた。頑張れ!

mat.jpg


テーマ:雑記 - ジャンル:日記

中学生 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |次のページ>>