FC2ブログ

哀しきサラリーマン、逆境に活路を追い求めて

長年転勤が叶わず、自分を最も活かせる仕事になかなかたどりつけないでいる方はいらっしゃいませんか。今の職場でくすぶりつつも、近い将来自分が飛躍できる時をじっと待ち続けている方とそのつらい気持ち、熱い思いを一緒に分かち合いたいと思います。

脱力感

11月も半ばを過ぎ、先月、生徒の調査書や推薦書の作成に忙殺された日々がまるでうそであるかのように、このところ比較的ゆったりとした時間を学校で過ごしている。思い返すと、先月の今頃は国公立大学の推薦入試受験者の調査書・推薦書の下書きや清書に追われていた。あまりの時間の足りなさに授業を自習にしてまでその準備にあたったこともあった。というのも、国公立大学のものは推薦文の記載欄が私立に比べてかなり多く、一人の推薦文を仕上げるのに数時間かかる。学校では普段の授業に加えて、放課後は進学講習や推薦入試受験者に対する小論文や面接指導などに時間が割かれ、推薦書は家へ持ち帰って早朝早起きして書くことになる。推薦書の作成がピークに達した週は帰宅してすぐに就寝し、午前1時半に起床して途中軽くお腹を満たしながら朝までかけて書き上げたこともあった。あのような拷問にも似た生活からようやく解放されるも、今は頑張りすぎたことへの反動で逆に脱力感に苛まれ、どうしても生活に張りが出ない。
スポンサーサイト

テーマ:病気・症状 - ジャンル:心と身体

雑感 | コメント:2 | トラックバック:0 |

「推薦」に対する甘い考え

推薦入試が今各地の国公立大学で盛んに行われている。一般受験と異なり、推薦入試は生徒の調査書の評定平均(いわゆる通知票の5段階評定)が推薦の基準となり、基準を満たした生徒は校内での推薦会議を経て正式に推薦され、センター試験が免除される代わりに小論文と面接が課され、調査書と併せてこれらの結果で合否が決まる。この推薦をめぐっては毎年希望する生徒が多く、小生が勤務する高校では特に多い。その多くが、学校での成績は良いものの、センター試験を受験するとなると合格できるレベルに達しない、いわば学力的にそれほど高くない生徒である。推薦入試での合格はかなり難しいため、もしも不合格になった場合に備えて放課後はセンター試験対策の講習を行っているが、センター試験での受験を本気で考えていないために講習の予習をしてくる生徒はあまりおらず、そのため生徒の反応もいまいちで、あまりの学力の低さに虚しさを感じることが多い。

テーマ:大学受験 - ジャンル:学校・教育

雑感 | コメント:0 | トラックバック:0 |

ロト6

 

先月からロト6を本格的に始めている。本格的というのは、以前であればそれぞれの数字について全く気にせずに気楽に番号を選んでいたのであるが、この本を読んでからは、「よく出る数字と出にくい数字」「長く連発する数字、不発が続く数字」「同時によく出る相性のよい数字」「キャリーオーバーになるとよく出る数字」など、各数字には統計的に傾向があることがわかり、それ以降数字を選ぶ際には毎回この本をじっくり読んで番号を選ぶようにしている。通常回とキャリーオーバー発生回に分けて専用の穴あきボードを使って、6つのうち5つの数字を選ぶことができる。最後の1つの数字は本人が数字の特徴を見定めて選ぶことになっている。完全にお任せというわけではないので、そのあたりにわくわく感がある。

テーマ:お小遣い稼ぎ - ジャンル:株式・投資・マネー

雑感 | コメント:1 | トラックバック:0 |

「沈まぬ太陽」に思う

先日、急に今上映中で渡辺謙主演の「沈まぬ太陽」が観たくなって、渋る女房を説得して映画館へ車を飛ばした。なぜ急にかというと、ネットでこの映画の予告を見たりストーリーを読んでいるうちに、現在どん詰まり状態にある小生に少しでも刺激と活力を与えてほしいとの願いからである。渡辺謙扮する恩地元は9年にも及ぶ海外僻地勤務にじっと耐えながら現実に立ち向かっていく。この「海外僻地勤務」と小生の「小規模校勤務」が重なり、小生よりも過酷な勤務を強いられている恩地に励まされる。彼には「会社のため、仲間のために仕事してきた」という一筋の信念が通っている。小生も「先進県を目指す英語教育のため、国際社会で活躍できる生徒のため」という信念で頑張ってきた。それが恩地は会社の上層部に疎まれ、小生は県教委や校長連中に全く受け入れられず、ともに不遇の時期を過ごしてきた。恩地がようやく日本に戻ると、今度は御巣鷹山に衝突した旅客機の乗客の遺族のお世話係を命じられ、その仕事に苦悩する。小生の「国内僻地勤務」後の人事は今のところ全くわからない。4度目の転勤不可能の可能性すら十分考えられる。男にとって仕事はある意味「命」だが、その「命を懸けて取り組もうとする仕事」に長いこと希望はすれどなかなか辿り着けない。もうこのような状況が5年も続く。自分の気に入る部署で目標をしっかり持ってはつらつと仕事をしている人がうらやましい。小生にはいつそのような時がやってくるのだろうか。来年度教頭昇任の機会を逃した今、ダッチロールの状態が長く続く。

shizumanutaiyo.jpg


テーマ:最近見た映画 - ジャンル:映画

雑感 | コメント:0 | トラックバック:0 |

石坂洋次郎

先日、秋田県横手市を訪れた際、市内にある石坂洋次郎文学記念館に立ち寄った。石坂洋次郎(1900-1986)という作家の名前はよく知っているが、残念ながらご本人がどういう人でどのような作品をこれまで世に出したのかについては失礼ながらあまり知らなかった。言うまでもなく、彼の作品はこれまで一度も読んだことがない。建物の中に入り(入場料100円)、まずは彼を紹介するビデオの上映があった。青森県弘前市の出身で、慶応義塾大学国文科を出て、1926年から1938年までの13年間、この横手の高等女学校や旧制中学で国語教師として教鞭をとった。市内を流れる横手川や遠くに見える山々、そしてかまくらで知られる横手の冬景色が石坂の心を癒し、教師をしながらの執筆意欲を掻き立てた。ビデオの内容や記念館内の展示物から、石坂の人生が必ずしも順風満帆でなかったことがわかる。その後1936年に書いた、自身の夫婦生活の不和を描いた「麦死なず」という作品は、石坂が数多い作品の中から一つだけ挙げるとしたらと聞かれて挙げた作品である。「私は今日までたくさんの作品を書いているが、一つだけ残したい作品をと言われれば、躊躇なく『麦死なず』をあげる。」石坂洋次郎にはこれまで全く関心がなかった小生であるが、この時代の彼のこの小説が無性に読みたくなり本屋を探し回った。彼の作品はそのほとんどが現在絶版になっている。ようやくアマゾンで古本を見つけ出し、手に入れた。今から70年前の戦前にタイムスリップし、当時のようすを思い描きながら読みたいと思う。

Ishizaka_Yojiro.jpg


テーマ:雑記 - ジャンル:小説・文学

雑感 | コメント:0 | トラックバック:0 |

亡父の一周忌

今日は昨年、84歳で亡くなった父親の命日にあたる。亡くなったのは午後4時12分であったが、付き添っていた母親がその直後病院や葬儀屋との対応に手間取り、勤務先にいた私に一報が入ったのは3時間後の7時半頃であった。それまで父親の身体具合が日に日に衰え始め、いつかはこの時が来ると思ってはいたが、まさかこうも急に来るとは思いもしなかった。ちょうど学校で翌日の授業の準備をしていた私は、忌引となる1週間分の自習課題の準備をして2時間後の9時半にようやく学校を離れ実家に向かった。そこで仏壇の前に白布を顔にかけられ横になっている父親と対面した。84歳の生涯を全うした安らかな死に顔であった。父親との思い出はそれほど多くはないが、小生が結婚してからは父親としての気遣いにとてもありがたく思うことが幾度もあった。今日一日は昨年のことが昨日のように思い出されて、一日落ち着かない日であった。

テーマ:日々のできごと - ジャンル:ライフ

雑感 | コメント:0 | トラックバック:0 |

天からの試練

このところ帰宅が連日8時を過ぎている。中間考査の作題および採点、2週間後に迫った海外研修旅行の準備、そしてその合間を縫って進学・就職の出願書類の点検業務が舞い込んでくる。いつもの年であれば、この「不平等」な仕事分担(忙しい教員と暇な教員がはっきり分かれている)にかなり不満をこぼしながら眉間にしわを寄せてやっているのだが、今年は教頭昇任候補者選考に挑戦し管理職としての責務を自覚するようになって、こうした仕事の忙しさがむしろ「すべて天から与えられた試練」と考えるようになり、焦りを感じなくなってきている。

テーマ:日々の暮らし - ジャンル:ライフ

雑感 | コメント:0 | トラックバック:0 |

夜明けが遅くなって

当地での今朝の日の出は午前5時36分。夏至の頃は4時前にはもう目映ゆい朝日が差し込んでいたのに、今では5時でもまだ薄暗い。小生は早起きは得意で、普段は4時頃には起きる。起床後は自己啓発のための勉強に1時間半ほどの時間を当てている。早朝ということもあって、静かな環境で勉強に集中できるのが何よりよい。夏場は明るい中で気持ちよく起床できたものだが、最近は真っ暗やみの中で目覚ましが鳴りベットから抜け出す。やはり日の差し込む中での起床のほうが「今日も一日頑張ろう」と気合いが入る。いつもこの時期思うことは、夜明けが早い時期にもっと早起きしてさらに早朝の過ごし方を充実させればよかったとの後悔。毎年後悔はするのだが、春先になって日がだんだん長くなり始めると、その気持ちはまたどこかへ行ってしまう。

テーマ:日々の暮らし - ジャンル:ライフ

雑感 | コメント:0 | トラックバック:0 |

重宝してますiPhone

小生は現在、ケータイにiPhoneを使用している。発売される前からあの黒い高級感漂う箱に惹かれ機種は黒を希望していたが、発売初日の夕方出かけると黒はもうすでに売り切れ、白しか残っていなかった。何でも早く手にしたい小生は黒から白へ気持ちを一気に切り替え、その日のうちに購入して使い始めた。パソコンに似た機能を持つiPhoneは本当に多機能でいろんな使い方ができる。これ一台あればいついかなる時もいろんな場面で役に立ち、不自由しない。これほどまでに便利なiPhoneだが、一つだけ弱点がある。それはバッテリーが劣化した時。他の機種では別売りのバッテリーと交換するだけで済むのだが、iPhoneの場合、中をこじ開けることができないので実際は機種ごと交換することになる。実は2週間ほど前からiPhoneの調子が悪く、ついに昨日うんともすんとも言わなくなり、ショップへ持っていくとあえなく機種交換ということになった。小生、実はiTunesでそのつどiPhoneと同期してきたが、メールのほうは事前にバックアップを行っておらず、機種交換でこれまでのメールがパーになることを覚悟していた。しかし、そこはiPhone。メールのアカウントを設定し直してメールを開くと、何と消えたと思っていたメールが次々と復元されていった。ほんの一部のメールを除きほとんど全てが復元された。突然のバッテリー切れとデータ消失の可能性にうんざりしていたが、終わってみればほぼ完璧に復元がなされ、改めてiPhoneのすごさを知った。

テーマ:iPhone - ジャンル:携帯電話・PHS

雑感 | コメント:0 | トラックバック:0 |

衆院選当日の自民党の広告

今回は衆院選で歴史的惨敗を喫し野党に転じた自民党の選挙日当日の新聞への全面広告である。日教組をはじめとする多数の有権者が属する「労働組合」を敵に回しての訴えは多くの国民を不快にし、恥も外聞もない自民党の最後のもがきを見せている。

あなたのために。この国のために。

景気を後退させ、日本経済を壊してはいけない。バラマキ政策で、子供たちにツケを残してはいけない。偏った教育の日教組に、子供たちの将来を任せてはいけない。特定の労働組合の思想に従う、”偏った政策”を許してはいけない。信念なき安保政策で、国民の生命を危機にさらしてはいけない。

日本を壊すな。

希望ある明日は、着実な今日からしか生まれない。確かな日本は、具体的な政策の積み重ねからしか生まれない。現実を見据えた政策が、あなたの安心を支え続ける覚悟が、この国を守りぬく決意が、私たち自民党にはあります。


テーマ:衆議院選挙 - ジャンル:政治・経済

雑感 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |次のページ>>