FC2ブログ

哀しきサラリーマン、逆境に活路を追い求めて

長年転勤が叶わず、自分を最も活かせる仕事になかなかたどりつけないでいる方はいらっしゃいませんか。今の職場でくすぶりつつも、近い将来自分が飛躍できる時をじっと待ち続けている方とそのつらい気持ち、熱い思いを一緒に分かち合いたいと思います。

進路指導主事>英語教師=事務屋1

2年間務めた学年主任も生徒の卒業とともにその任を解かれ、翌年からは進路指導主事を命ぜられ現在に至っている。「進路指導主事」という呼び名は主に公立高校で用いられ、私立では格好よく「進路指導部長」と呼ばれるのが一般的である。中学を卒業して念願の高校合格を果たした1年生たちは、息つく暇もなく今度は3年後の進路選択に向けて否が応でも再び自らの進路を考えなければならない。とりわけ昨今の厳しい不況下においては、就職それも地元企業などへの就職が一段と厳しさを増しており、早い段階から適切な対策を講じなければ企業から内定がもらえず、その結果卒業しても行く先がまだ決まらないという最悪の結果を招くことになる。
スポンサーサイト



テーマ:みんなに知ってもらいたい - ジャンル:日記

教師とは何か? | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |