FC2ブログ

哀しきサラリーマン、逆境に活路を追い求めて

長年転勤が叶わず、自分を最も活かせる仕事になかなかたどりつけないでいる方はいらっしゃいませんか。今の職場でくすぶりつつも、近い将来自分が飛躍できる時をじっと待ち続けている方とそのつらい気持ち、熱い思いを一緒に分かち合いたいと思います。

30年ぶりのマスク

東京出張を明日に控え、今日万一に備えてマスクを買いに外へ出た。日本一人の往来の激しい東京で新型インフルエンザが発生するのは時間の問題だ。まずは割と大きな薬局へ行ってみたが、残っていたのはガーゼタイプの旧式のものばかり。次に入った薬局ではマスクは完売。あまりの市民の反応の早さに、ひょっとして一枚も購入できないのではという焦りが出てきた。ところで、薬局はだれもがマスクを求めて行きそうな所。ならばコンビニあたりはひょっとして穴場かもしれないと勝手に想像して行ってみたところ、予想的中。3枚セットで割としっかりしたものをゲットすることができた。その次に入ったコンビニにもまだ結構残っていたので、当地で発生した時のことを考えて少し多めに買い求めた。もし当地で新型ウイルスが確認されれば、間違いなく住民は神戸市民のようにマスクを買い求めて東奔西走することになるだろう。神戸の方々をお気の毒に思う。さて、私がマスクをかけるのは何と30年ぶりである。高校生の頃にかけたのが最後ではないかと思う。袋を破って中から1枚取り出してかけてみたが、少し息苦しい。これを一日中かけっぱなしとなると、想像しただけで息苦しくなる。かけないよりはかけたほうがいいだろうね。東京の人たちはどうしているのだろうか。
スポンサーサイト



テーマ:思ったこと・感じたこと - ジャンル:日記

関東地方企業訪問 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |