FC2ブログ

哀しきサラリーマン、逆境に活路を追い求めて

長年転勤が叶わず、自分を最も活かせる仕事になかなかたどりつけないでいる方はいらっしゃいませんか。今の職場でくすぶりつつも、近い将来自分が飛躍できる時をじっと待ち続けている方とそのつらい気持ち、熱い思いを一緒に分かち合いたいと思います。

中国、金で外貨準備運用

中国「金、10年以内に1万トン保有」 政府高官、外貨準備運用で


30日付の中国紙、中国青年報によると、国務院(政府)国有重点大型企業監事会の季暁南主席は2兆ドルを超す外貨準備の運用について「金の保有量を3~5年以内に6000トン、8~10年以内に1万トンまで増やすべきだ」と指摘した。現在の保有量は約1000トン。ドル安が続く中、政府内で金の買い増し論が台頭しているもようだ。

中国の外貨準備高は9月末時点で2兆2726億ドル。うち約7割をドル資産で運用し、金の比率は2%弱にとどまる。最近のドル安を受け、政府内では外貨準備の運用をドル以外に振り向けるべきとの議論が再燃しており、中でも金は「安全資産」として評価が高まっているとみられる。

世界金協会によると、金の保有量(今年9月時点)は米国が8134トンで世界一。ドイツの3408トン、イタリアの2452トンが続く。季主席は外貨準備運用の直接の担当ではないが、今回の発言は政府内の多数意見を反映しているとの見方が強い。中国が金を本格的に買い増せば、最近の金価格の高騰に拍車がかかる可能性もある。
スポンサーサイト

テーマ:中国問題 - ジャンル:政治・経済

国際経済 | コメント:0 | トラックバック:0 |

基準価額と評価額の関係

マネックス証券に「基準価額」と「評価額」の違いについて問い合わせたところ、メールで懇切丁寧な回答をしてくれた。以下がその回答である。

評価額は「基準価額×口数/単位」で算出いたします。〇〇様の場合、11月24日に約定(買付)されておりますので、11月26日より「残高照会」に反映しているものと存じます。

◇DIAM短期ブラジル債券
11月26日(11月25日の基準価額で計算されます)9,694円×10,316 口/万=10,000円
11月27日(11月26日の基準価額で計算されます)9,602円×10,316 口/万=9,905円

◇HSBC ブラジル オープン
11月26日(11月25日の基準価額で計算されます)11,989円×8,087 口/万=9,695円
11月27日(11月26日の基準価額で計算されます)12,040円×8,087 口/万=9,736円

この中で2日間とも変わっていない数値が「口数」のところ。先日マネックスのウェブサイト上でプリントアウトした取引報告書(買付報告書)の「お買付数量(口)」がそれぞれ10,316と8,087になっているところを見ると、この買付口数は今後もずっと変わらずに基準価額だけが日々変動していくことになる。そのために評価額が毎日変わり、それに伴い評価損益が生じることにようやく気づいた。


テーマ:投資信託 - ジャンル:株式・投資・マネー

投資信託 | コメント:0 | トラックバック:0 |

金・原油先物ファンド購入

円が高騰する前日の夜のNHKニュースで、金の価格が過去最高に達していることを報じていた。基軸通貨であるドルの価値がこのところ下がり続けていることから、「安全な資産」としての金に個人投資家だけでなく各国政府の注目が集まり、全体的に金の購入が増えているという。このところ投資信託ファンドをずっと見続けてきた小生は、ふとその中にあった金先物ファンドのことを思い出し、販売用資料や目論見書に目を通した末に、原油先物ファンドと合わせて小額を購入することに決め早速注文を入れた。リーマンショック後、金は一時値を下げたもののその後は再び価格が上昇している。一方、原油はリーマンショックまでは記録的な価格の高騰を続けてきたが、その後は大幅に価格が下落したものの、再び徐々に値を上げてきている。金・原油相場とこのファンドがどのように連動するのか、勉強の意味でファンドを購入した。

テーマ:投資信託 - ジャンル:株式・投資・マネー

投資信託 | コメント:0 | トラックバック:0 |

円一時84円台

FXを始めようとしていた矢先、トレーダーにとっては願ってもない相場の大変動が起こった。午前の外国為替市場で円相場が一時1ドル=84円台後半まで急騰し、1995年7月以来14年ぶりの円高水準になった。東京株式市場も円高を嫌気して日経平均株価(225種)が大幅続落した。欧州や中東での金融不安が急浮上したのが背景で、投資資金を避難させるため金融危機の傷が浅かった日本の円に買いが殺到した。それまでは小幅な動きがずっと続いていただけに、今回の円の急騰はトレーダーにとっては久々の大きな儲けのチャンスとなったことであろう。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引)を始めよう! - ジャンル:株式・投資・マネー

FX(外国為替証拠金取引) | コメント:0 | トラックバック:0 |

基準価額と評価額の関係

買い付けした3本のファンドに初めて「評価額」がついた。昨日触れた「基準価額」は小生に言わせると「まやかし」のようなものだ。たとえ基準価額が10,000円を超えて安定しているように見えても、ファンドによっては評価額が2,000円以上も低くつけられる。3本のうち基準価額が10,000円を下回った1本だけが逆に基準価額よりも評価額のほうが高い。これって、基準価額が低いほうが逆に評価額が高くなるの?

テーマ:投資信託 - ジャンル:株式・投資・マネー

投資信託 | コメント:0 | トラックバック:0 |

上々の滑り出し?

買い付けの注文をした3本のファンドのうち1本に、今朝証券会社のウェブサイトを見たら基準価額が示されていた。10,000円で購入したが前日比76円アップの10,073円となっていて、やや得した気分になった。小生、投資信託に関しては今のところこの程度の理解しかできない。今後の基準価額の動きに注目したい。それと、証券会社のウェブサイト上で小生が買い付けたファンドの「取引報告書(買付報告書)」の閲覧が可能となった。早速プリントアウトして手元に置いた。

テーマ:投資信託 - ジャンル:株式・投資・マネー

投資信託 | コメント:0 | トラックバック:0 |

投信未だ実感わかず

先週から投資信託を始めたが、未だ実感がわかずにいる。週末にあれほど時間をかけて慎重にファンドを選んだにもかかわらず、いざ注文をしてみるとその後全く音沙汰がない。その週の営業日が始まる月曜日あたりに申し込みをすれば、遅くとも金曜日までには何らかの進展が見られるのであろうが、小生の場合、投資信託について事前にいろいろと知識を得たり入金のための口座開設の手続きをするのに時間がかかり、結局最初のファンドの注文にこぎつけたのはその週の営業日が終わる金曜日の早朝であった。その後3連休に入り、投資信託にはあまりありがたくない通常よりも長い非営業日が続き、ようやく今日再び営業日を迎えた。今後の動きに注目したい。

テーマ:投資信託 - ジャンル:株式・投資・マネー

投資信託 | コメント:0 | トラックバック:0 |

FXの知識吸収

FX(外国為替証拠金取引)については全く関心がなかったのだが、教頭昇任候補者選考のショックから早めに立ち直り日々の生活に張りを持たせるために、50を過ぎて知識の吸収力に限界を感じながらも、この外国を股に掛けるようなFXに挑戦することに決めた。とはいっても、おいそれとすぐに始められるものではない。まずは「証拠金」と呼ばれるFXをやっていくのに必要な元手を用意しなければならない。証拠金の額は証券各社によって異なるが、少なくとも10万円程度は必要であると言われている。この元手をもとにネット上で外貨を買ったり売ったりしながら儲けをあげていくのだが、一つやり方を間違えると大損するリスクもはらんでいる。金のほうは用意ができているが、何せいろいろ覚えなければならない操作方法や専門用語があって、すぐにはFXの世界に飛び込めない。ここ1~2週間はとりあえず、FX関連の書籍を熟読して知識を身につけるとともに、マネックス証券のウェブサイトにあるデモ取引の画面で操作方法を少しずつ覚えていくことにする。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引)を始めよう! - ジャンル:株式・投資・マネー

FX(外国為替証拠金取引) | コメント:0 | トラックバック:0 |

ブラジルに決定!

小生の場合、外国株式ファンドの購入で真っ先に思いついたのが南米のブラジル。2014年のサッカーワールドカップの開催に続き、先月のIOC総会で2016年のオリンピックの開催地に決定したこともあって、今後ますますこの国の経済成長に期待が持てる。ブラジルが日本からはかなり遠い地球の反対側にあり、さらに日系人が多く住んでいるということもこの国に好奇心を抱かせる。早速「地球の歩き方」を本屋で買い、この国について知識を深めることにした。結局、小生の今後の資産運用をこの国の将来の経済成長に託して、「株式・債券ともにブラジルのものを購入」するという危ない綱渡りをすることに決めネットで申し込んだ。その後、中国やインド、オーストラリアなどのものにも心が動き、いったん申し込んだものをあとになって取り消し、取り消してはまた別なものを申し込み、また考え直してはそれを取り消すといった状態が長く続いた。そしてマネックス証券のウェブサイトの情報をいろいろ検討した結果、ようやく気持ちが固まった。「株式・債券ともにブラジルでいく!」

テーマ:投資信託 - ジャンル:株式・投資・マネー

投資信託 | コメント:0 | トラックバック:0 |

銘柄選び

証券会社が販売する投資信託のファンドは株式や債券に分類したり、また海外対象のものは国や地域ごとに販売されている。小生は月々10,000円の積み立てで3本購入する予定でいた。購入するのは3本とも外国株式か外国債券。昨年起こった世界同時不況の影響がまだ影を落としている今、基準価額が大幅に上昇しさらに分配金も出るとなると、将来ある程度のリスクを承知の上で、外国を投資対象とするファンドを購入せざるを得ない。今最も注目されている国がそれぞれの国を表す英語の頭文字をとって「BRICs」と呼ばれる新興国で、ブラジル(Brazil)・ロシア(Russia)・インド(India)・中国(China)の4か国が含まれる。またオーストラリアも金利が高いので債券などが狙い目である。

テーマ:投資信託 - ジャンル:株式・投資・マネー

投資信託 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |次のページ>>