FC2ブログ

哀しきサラリーマン、逆境に活路を追い求めて

長年転勤が叶わず、自分を最も活かせる仕事になかなかたどりつけないでいる方はいらっしゃいませんか。今の職場でくすぶりつつも、近い将来自分が飛躍できる時をじっと待ち続けている方とそのつらい気持ち、熱い思いを一緒に分かち合いたいと思います。

脱力感

11月も半ばを過ぎ、先月、生徒の調査書や推薦書の作成に忙殺された日々がまるでうそであるかのように、このところ比較的ゆったりとした時間を学校で過ごしている。思い返すと、先月の今頃は国公立大学の推薦入試受験者の調査書・推薦書の下書きや清書に追われていた。あまりの時間の足りなさに授業を自習にしてまでその準備にあたったこともあった。というのも、国公立大学のものは推薦文の記載欄が私立に比べてかなり多く、一人の推薦文を仕上げるのに数時間かかる。学校では普段の授業に加えて、放課後は進学講習や推薦入試受験者に対する小論文や面接指導などに時間が割かれ、推薦書は家へ持ち帰って早朝早起きして書くことになる。推薦書の作成がピークに達した週は帰宅してすぐに就寝し、午前1時半に起床して途中軽くお腹を満たしながら朝までかけて書き上げたこともあった。あのような拷問にも似た生活からようやく解放されるも、今は頑張りすぎたことへの反動で逆に脱力感に苛まれ、どうしても生活に張りが出ない。
スポンサーサイト

テーマ:病気・症状 - ジャンル:心と身体

雑感 | コメント:2 | トラックバック:0 |

「推薦」に対する甘い考え

推薦入試が今各地の国公立大学で盛んに行われている。一般受験と異なり、推薦入試は生徒の調査書の評定平均(いわゆる通知票の5段階評定)が推薦の基準となり、基準を満たした生徒は校内での推薦会議を経て正式に推薦され、センター試験が免除される代わりに小論文と面接が課され、調査書と併せてこれらの結果で合否が決まる。この推薦をめぐっては毎年希望する生徒が多く、小生が勤務する高校では特に多い。その多くが、学校での成績は良いものの、センター試験を受験するとなると合格できるレベルに達しない、いわば学力的にそれほど高くない生徒である。推薦入試での合格はかなり難しいため、もしも不合格になった場合に備えて放課後はセンター試験対策の講習を行っているが、センター試験での受験を本気で考えていないために講習の予習をしてくる生徒はあまりおらず、そのため生徒の反応もいまいちで、あまりの学力の低さに虚しさを感じることが多い。

テーマ:大学受験 - ジャンル:学校・教育

雑感 | コメント:0 | トラックバック:0 |

取引余力がマイナスに

ギリシャからイタリアに波及したヨーロッパの債務危機の影響で、このところ外国為替市場は円が急伸し、円高が加速している。小生のポジションも評価損益金いわゆる含み損が膨らみ、取引余力がついにマイナスになった。このマイナスが翌朝、ニューヨーク市場がクローズする時間(日本時間午前6時55分)までにプラスに転じないと、その後の取引が差し止められるとともに、追証金を求められ期日までに入金がない場合にはポジションが強制ロスカットされる。以前であればその額が多くてもきちんと入金してポジションの損失を食い止めていたが、最近は追加入金する余裕がなく、このままいけばポジションの一部を強制約定してその分の損失を被るしかない。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

FX(外国為替証拠金取引) | コメント:0 | トラックバック:0 |

英語教育で坂本龍馬を目指す

平成25年度からの新教育課程への移行に伴い、今後英語教育が名目上、大きく変わることになる。これまで「聞く・話す」「読む」「書く」といった技能を個別の科目で行ってきたのが、これからはこれら4技能を統合して、しかも原則英語で行うことが期待されている。小生はこの「4技能統合による指導の必要性」については20年以上前から唱えてきており、今回の学習指導要領の改訂で文部科学省がようやくその必要性を認めたことを遅くはなったもののたいへんうれしく思っている。小生はすでに50代を折り返しているが、新たなことに取り組む熱意は若い教師には負けない。管理職への道を断念し、定年までの残り5年間を英語教師として捧げる決意をしたからには、管理職から再び学年主任や進路指導主事などの話があっても固辞し、英語教師として自分がこれまで思い描いてきたことを完全実施したいと思っている。小生にはもはや管理職の言いなりになる気は毛頭ない。たまには坂本龍馬のように反旗を翻して日本の英語教育向上のため、国際社会に通じる英語教育実現のため、今後あるべき英語教育に心血を注いでいきたい。

テーマ:生きるということ - ジャンル:ライフ

ゴーイング マイ ウェイ | コメント:0 | トラックバック:0 |

ポートランド、お気に入りの一枚

downtown_portland.png 

アメリカ西海岸、オレゴン州のポートランドはサンフランシスコに比べると観光資源が少なく、市内観光は一日もあれば十分堪能できるこぢんまりとした都市である。小生はこれまで4回この街を訪れたことがあるが、行くたびに楽しみにしているのがこの写真のような光景である。アメリカの都市はほとんどが中心部に高層ビルが林立しているが、ポートランドも例外ではない。手前を流れるのがウィラメット川、その後方に高層ビルがいくつも建っている。この中でランドマーク的な建物がコイン・センター(KOIN Center)と呼ばれるポートランドで3番目に高い、茶色の外壁をした上部が鉛筆の先のように尖った建物である。川にかかる橋や川に係留されたボートとともに、この景色を見るとポートランドが恋しくなる。

テーマ:アメリカ合衆国 - ジャンル:海外情報

オレゴン州 | コメント:0 | トラックバック:0 |

ロト6

 

先月からロト6を本格的に始めている。本格的というのは、以前であればそれぞれの数字について全く気にせずに気楽に番号を選んでいたのであるが、この本を読んでからは、「よく出る数字と出にくい数字」「長く連発する数字、不発が続く数字」「同時によく出る相性のよい数字」「キャリーオーバーになるとよく出る数字」など、各数字には統計的に傾向があることがわかり、それ以降数字を選ぶ際には毎回この本をじっくり読んで番号を選ぶようにしている。通常回とキャリーオーバー発生回に分けて専用の穴あきボードを使って、6つのうち5つの数字を選ぶことができる。最後の1つの数字は本人が数字の特徴を見定めて選ぶことになっている。完全にお任せというわけではないので、そのあたりにわくわく感がある。

テーマ:お小遣い稼ぎ - ジャンル:株式・投資・マネー

雑感 | コメント:1 | トラックバック:0 |

リメンバランスデー Remembrance Day

remembrance_day.png

明日11月11日、カナダはリメンバランスデー〔Remembrance Day・戦没者追悼記念日〕を迎える。この日は日本の終戦記念日に当たり、カナダでは全土で追悼式典が行われ、国を挙げて第一次・第二次世界大戦で亡くなった兵士を追悼する。リメンバランスデーが11月11日に行われるのは第一次世界大戦が1918年のこの日に終結となったことに由来する。この日はカナダは祝日となり、サービス業以外、会社や学校などが休みとなる。当日は午前11時に2分間の黙祷があり、この時にはスーパーやモール内にも黙祷を知らせるアナウンスが流れ、各自が黙祷を行う。リメンバランスデーが近づくと、赤いポピーのブローチを胸につけた人々を街の至るところで見かける。なぜ「赤いポピー」なのかについては、第一次世界大戦で激戦地となったベルギーのフランドル(フランダース)地方の戦場跡に、「地面に流された血を覆い隠すように大量の赤いポピーが咲き乱れた」との言い伝えがある。その後、この赤いポピーが「戦場に咲いた花」としてリメンバランスデーの象徴花となっている。

テーマ:カナダ - ジャンル:海外情報

海外の行事 | コメント:0 | トラックバック:0 |

為替相場が意に反して急落

今夜は欧州債券市場で債務問題を抱えるイタリアの国債が大きく売られ、価格が下がると上昇する利回りが1999年のユーロ発足以来最高を更新し、10年国債の利回りは一時7.4%まで上昇した。利払い負担で債務返済が困難になる7%台に突入したことで財政危機が深刻になってきた。イタリアの利回りは連日最高値を更新していたが、「危険水域」の7%台に突入したことでユーロが売られ、対円でも大幅に値を下げた。小生は今朝、ベルルスコーニ首相が辞意を表明したことで再建への期待が高まるとみてユーロ円やユーロドルを買ったのだが、夕方からユーロが対円、対ドルで急落し含み損が急激に増えた。

テーマ:FX外国為替情報 - ジャンル:株式・投資・マネー

FX(外国為替証拠金取引) | コメント:0 | トラックバック:0 |

個人調書提出

今朝、個人調書を校長室で直接校長に手渡した。何か言われるかとかすかな期待を抱いて臨んだが、何も言われないまま無事提出は完了した。個人調書というと、このブログの書き始めの頃にも書いたが、受験生に例えるとまさに出願書類の提出のようなものである。今年は現任校での勤務がまだ2年目ということもあり留任を希望したが、これが転任希望だとまさに転勤の「合否通知」が翌年3月になされる。出願してから「合格発表」まで4か月もの長い間、期待に胸を膨らませて結果の通知を辛抱強く待つ。本人の事情や希望をあえて聞き取ることもなく、ただ紙切れ1枚で異動が決定されるのが何とも理解し難い。

テーマ:学校での出来事 - ジャンル:学校・教育

転勤ならず | コメント:0 | トラックバック:0 |

2年ぶりにブログを復活!

2009年12月20日以来、およそ2年ぶりにこのブログを再開する。長い間留守にして申し訳ない。この間、FXで多額の損失を被り、また人事異動で職場が変わったりと生活環境が大きく変わった。必死になって金を貯めようとしたり、本気になって転職を考えたりなどして、常に心は揺れ動いていた。現在もなお少々憂鬱な状態は続いているが、今日のロト6第605回の結果を受けて気持ちに踏ん切りがついた。今日からは心機一転、前向きに過ごしていく覚悟だ。これからもよろしく!

テーマ:自分のこだわり - ジャンル:ライフ

男の花道 | コメント:1 | トラックバック:0 |
| ホーム |