FC2ブログ

哀しきサラリーマン、逆境に活路を追い求めて

長年転勤が叶わず、自分を最も活かせる仕事になかなかたどりつけないでいる方はいらっしゃいませんか。今の職場でくすぶりつつも、近い将来自分が飛躍できる時をじっと待ち続けている方とそのつらい気持ち、熱い思いを一緒に分かち合いたいと思います。

自己啓発2

自己啓発として早朝そして余暇に行っているのが、英語力強化対策。職業が英語教師というのもあるが、英語はスポーツと同じく、さぼると途端にレベルが落ちる。さらに、私が勤務している高校は就職希望者が多い学校なので、教科書のレベルも中学レベルに毛の生えた程度である。こういった学校に勤務している教員は、自ら追い求めて英語を勉強しないとどんどん英語力が低下し、いざ進学校に勤務することになった時にはたいへんな思いをする。こうしたギャップを将来感じないためにも、また私自身英語の勉強が好きだということもあり、英語学習を自己啓発の一つにしている。
スポンサーサイト

テーマ:思ったこと・感じたこと - ジャンル:日記

自己啓発 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<英語学習1 | ホーム | 自己啓発1>>

コメント

こんにちはコミュニティを見て参加させて頂きました。ナリトヨと申します。
私も自己啓発は大変必要だと感じています。
仕事に対して私も色々と考える所があるのですが、
自分に対しての意識の甘さを感じます。
私も転職を今年したのですが、転職前と転職後のやる気の低下に自分でも落ち込む事が多々あります。
私の場合の自己啓発はやはり本を読んだり、頑張っている人の話などが一番あると思っているので、
ブログを初めて色々な方の考え方や目標に触れたいと思っています。
またブログを読ましていただきます。
2009-05-09 Sat 18:06 | URL | ナリトヨ [ 編集 ]
ナリトヨさん、小生の拙いブログを読んでコメントを書いていただきありがとうございます。おっしゃるように、自己啓発は年齢に関係なく誰にでも必要だと思います。ただ、私の経験から、「自己啓発」と「仕事」とは表裏一体のような気がします。つまり、どちらかに重きを置き過ぎると片方にしわ寄せがいきます。その多くは仕事で遅くまで残って、そのために自己啓発に当てる時間がとれないというケースではないかと思います。自己啓発するなら、まずは「思い切り」と次にそれを実行する「時間」が必要です。仕事上の落ち込みは仕事で解消するのがよいのでしょうが、なかなかそう簡単にはいきません。我々は仕事だけで暮らしているわけではないのですから、そんな時は自分を他と「差別化」できる何かを思い描いて、そこから自己啓発の道を探ってみるという手もあるかと思います。
2009-05-09 Sat 23:42 | URL | woodymclean [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |