FC2ブログ

哀しきサラリーマン、逆境に活路を追い求めて

長年転勤が叶わず、自分を最も活かせる仕事になかなかたどりつけないでいる方はいらっしゃいませんか。今の職場でくすぶりつつも、近い将来自分が飛躍できる時をじっと待ち続けている方とそのつらい気持ち、熱い思いを一緒に分かち合いたいと思います。

かつての基軸通貨英ポンド

GBP.jpg

 第二次世界大戦前までは世界の政治・経済を掌握していた英国の通貨ポンド。当時は基軸通貨として世界中で流通していたが、戦後はその地位を米ドルに明け渡し、欧州においてもユーロの後塵を拝している。しかし英国の市場機能は活発で、ロンドン市場における通貨取扱高は世界一の規模であり、通貨ポンド自体も値動きが活発なことから投機的に絶大な人気を誇っている。

元来値動きが激しいため、短期での為替差益狙いに取引されることが多い。小売売上高、消費者物価指数、GDPなどの経済指標に反応しやすいので注意を要する。さらに英国は北海油田を保有しているため、原油価格の高騰の際には米ドル同様ポンドが買われ、逆に原油価格の下落は売り要因になる。中東とは時差がそれほどないため、オイルマネーが英国に多く流入している。

スポンサーサイト

テーマ:FX(外国為替証拠金取引)を始めよう! - ジャンル:株式・投資・マネー

外国通貨 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<有事の際の避難通貨スイスフラン | ホーム | 第二の基軸通貨ユーロ>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |