FC2ブログ

哀しきサラリーマン、逆境に活路を追い求めて

長年転勤が叶わず、自分を最も活かせる仕事になかなかたどりつけないでいる方はいらっしゃいませんか。今の職場でくすぶりつつも、近い将来自分が飛躍できる時をじっと待ち続けている方とそのつらい気持ち、熱い思いを一緒に分かち合いたいと思います。

個人調書提出

今朝、個人調書を校長室で直接校長に手渡した。何か言われるかとかすかな期待を抱いて臨んだが、何も言われないまま無事提出は完了した。個人調書というと、このブログの書き始めの頃にも書いたが、受験生に例えるとまさに出願書類の提出のようなものである。今年は現任校での勤務がまだ2年目ということもあり留任を希望したが、これが転任希望だとまさに転勤の「合否通知」が翌年3月になされる。出願してから「合格発表」まで4か月もの長い間、期待に胸を膨らませて結果の通知を辛抱強く待つ。本人の事情や希望をあえて聞き取ることもなく、ただ紙切れ1枚で異動が決定されるのが何とも理解し難い。
スポンサーサイト

テーマ:学校での出来事 - ジャンル:学校・教育

転勤ならず | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<為替相場が意に反して急落 | ホーム | 2年ぶりにブログを復活!>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |