FC2ブログ

哀しきサラリーマン、逆境に活路を追い求めて

長年転勤が叶わず、自分を最も活かせる仕事になかなかたどりつけないでいる方はいらっしゃいませんか。今の職場でくすぶりつつも、近い将来自分が飛躍できる時をじっと待ち続けている方とそのつらい気持ち、熱い思いを一緒に分かち合いたいと思います。

1Q84

今朝の朝刊に村上春樹の話題作「1Q84」の広告が載っていた。しかしこの本についてはあまり多くを語らない。出版元の新潮社のホームページを見てみた。こちらも本の紹介は至ってシンプルだ。題名の「1Q84」の下にはわざわざ〈ichi-kew-hachi-yon〉と読み方が記してある。読書など無縁といってもいい小生であるが、この本のことがやけに気になってしようがなかった。仕事を早めに切り上げ、帰途まっすぐ本屋へ向かった。店先に積まれたBOOK1・BOOK2の2巻からなる本のうち、黄色の帯がかけてあるBOOK1を手に取り読み始めた。

 タクシーのラジオは、FM放送のクラシック音楽番組を流していた。曲はヤナーチェックの『シンフォニエッタ』。渋滞に巻き込まれたタクシーの中で聴くのにうってつけの音楽とは言えないはずだ。運転手もとくに熱心にその音楽に耳を澄ませているようには見えなかった。中年の運転手は、まるで舳先に立って不吉な潮目を読む老練な漁師のように、前方に途切れなく並んだ車の列を、ただ口を閉ざして見つめていた。青豆は後部席のシートに深くもたれ、軽く目をつむって音楽を聴いていた。

ここまで一気に読んだらこの小生も村上文学の世界にすうっと入り込み、格調高い彼の文学に引き込まれてしまった。店を出た時には、カバーをかけた2冊の本が袋の中にあった。
スポンサーサイト




テーマ:最近の話題 - ジャンル:日記

村上春樹 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<続1Q84 | ホーム | 小規模校での勤務2>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |